会社情報Company

環境・社会貢献への取り組み

環境との共生

  • ISO14001 マネジメントシステム登録証画像の拡大
  • ISO14001 マネジメントシステム登録証付属書画像の拡大

当社は、1998年に環境方針を制定し環境マネジメントシステムを導入しました。以降、全社統一のマネジメントシステムの下、環境負荷軽減への取り組みとシステムの改善を続けています。また、環境保全の国際認証規格であるISO14001をいち早く取得。1999年の本社及び本社工場の登録に始まり、その登録範囲を全社へと拡大しています。

 

工場でのCO2削減

味噌を製造する工程では、大量のエネルギーを消費し、それに伴い温室効果ガスである二酸化炭素が発生します。ひかり味噌の主力工場 飯島グリーン工場では、CO2削減に向け環境配慮型設備への更新から、工場で働く社員ひとりひとりの意識から始まる活動まで、さまざまな視点で取り組んでいます。


西工場LPガス設備

「重油ゼロ」達成

工場では、2009年に味噌生産工程に使用するボイラーの燃料を、重油からLNG(液化天然ガス)に転換し、CO2排出量を大幅に削減しました。そして2013年1月、即席味噌汁の生産工程においてもボイラー更新に合わせLPG(液化石油ガス)への燃料転換を図り、「重油ゼロ」を達成することができました。


Topics

ひかり味噌 飯島グリーン工場では、2009年に大規模な環境設備を導入しました。ひとつが重油ボイラーのLNGへの燃料転換のためのサテライトタンク、もうひとつが排水処理施設から大量に発生する脱水汚泥の再発酵処理設備です。LNGは重油と比較してCO2排出量を約27%抑制することができ、環境配慮型の燃料といえます。また、汚泥の再発酵処理により、それまで産業廃棄物として処理していた汚泥を減量し、再発酵により発生するメタンガスのボイラー燃料としての活用が可能となりました。

  • LNGサテライトタンク
  • メタン発酵槽
  • 国内クレジット制度排出削減事業承認証
    画像の拡大

この2件の設備投資によるCO2削減は、2010年1月 経済産業省の国内クレジット制度の温暖化ガス排出削減事業として認定されています。

国内クレジット認証証画像の拡大

国内クレジット認証実績
1,255t-CO2(平成21年1月4日~平成22年3月31日)
1,029t-CO2(平成22年4月1日~平成23年3月31日)
1,022t-CO2(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
1,233t-CO2(平成24年4月1日~平成25年3月31日)


さらに、この設備導入による環境負荷低減が評価され、2011年 食品産業CO2削減大賞(株式会社日本総合研究所主催の農林水産省補助事業)において農林水産大臣賞を、信州エコ大賞(長野県環境保全協会主催)奨励賞を受賞することができました。

メタンガス発電機

メタン発電機

工場の排水処理から発生する汚泥を再発酵処理することで、大量のメタンガスが発生します。ひかり味噌ではこれまでもこのガスをボイラー燃料として有効利用していましたが、2012年に発生するメタンガスの余剰分を活用し、メタンガス発電システムを導入しました。発電した電力は工場の電力に充てられ、全体として環境負荷低減とコスト削減の両方のメリットを得ることができました。


LED

飯島グリーン工場では、照明の省エネルギー化も進めています。工場および倉庫の水銀灯やハロゲン灯のLED灯光器への変換、FLR蛍光灯の高効率FHF灯への変換を行ないました。2013年までの照明変換により、年間115t-CO2の削減が見込まれています。


物流でのCO2削減

JR貨物会員誌 紹介ページ

物流における環境配慮として、モーダルシフトを推進しています。主に北海道、四国、九州への一定量以上の荷物は、鉄道輸送を積極的に利用しています。また、運送会社が主導する共同配送システムに参加するなど、荷物の量とルートに応じ、さまざまな物流形態を模索、活用しています。
2013年11月発行のJR貨物の会員誌「マンスリーかもつ」(公益社団法人鉄道貨物協会発行)では、モーダルシフトの事例として、飯島グリーン工場を紹介していただきました。


資源の有効活用

商品の開発段階においても、環境対策を進めています。特に商品の包装材については、機能性を十分に考慮したうえで、新しい材質への変更や既存の材質の軽量化やサイズ変更をおこなっています。また、即席味噌汁の調味味噌や具材の個包装に関しては、汎用性を持たせた印刷にするといった工夫もおこなっています。
また段ボールについては、味噌に比べて重量の軽い即席味噌汁やスープ商品の外箱段ボールの軽量化を推進しています。段ボールは表ライナ・裏ライナ・中しんの3枚の板紙で構成されていますが、従来のものより薄い板紙のライナや中しんを使った段ボールを採用することで、強度を保ちつつ外箱重量を5~12%軽量化できました。これは生産工程や輸送にかかる化石燃料の抑制や、紙の使用量の削減につながっています。

環境活動を通じた社会とのコミュニケーション

諏訪湖アダプトプログラム

諏訪湖アダプトプログラム

私たちは、本社のある諏訪郡下諏訪町の諏訪湖の自然環境を守るため「諏訪湖アダプトプログラム」の活動に参加しています。「諏訪湖アダプトプログラム」とは、32区画に分けられた諏訪湖の湖岸の1区画をこの活動に参加するそれぞれの団体が受け持ち、諏訪湖の自然環境を守るため美化活動を行うというものです。休日の早朝、社員の自主参加により行っている諏訪湖清掃は、当社の環境保護活動の原点ともいえます。


桜守ファミリー

飯島グリーン工場では、地元飯島町にある千人塚公園の桜の老木を守る「桜守ファミリー」の取り組みを行っています。上伊那郡飯島町にある千人塚公園は中央アルプスの麓にあり、春には雪の残る山なみと桜が織りなす風景が訪れる人の目を楽しませてくれます。この美しい風景を次世代へ残していくための桜の保護活動も、私たちの小さな環境への取り組みの一つと考えています。

アファンの森

アファンの森

アファンの森は、作家のC.W.ニコル氏が、荒廃した日本の森を再び野生動物が棲める豊かな森に戻したいという想いから、1986年に長野県黒姫で再生活動をはじめた森です。当社は同じ長野県に立地する企業として、アファンの森の森林整備事業を応援しています。2014年7月には、2004年からの10年間にわたるサポートに対し、アファンの森財団より感謝状が贈呈されました。

アファンの森財団からの感謝状贈呈について 詳しくはこちら 
アファンの森 ホームページ

ページトップへ

社会貢献活動

当社は、お客様に安心して召し上がっていただけるおいしい商品や、お客様の健康な食生活に役立つ商品を提供することが社会に対する責任であると考えています。しかしこれに留まらず、企業が社会的な存在であることを認識し、従来の目に見える範囲での社会的責任だけでなく、長期的な、グローバルな、あるいはローカルな視点で、社会貢献活動を継続して参ります。

フードバンク活動

セカンドハーベストでのボランティア活動

食品メーカーである当社ができる支援活動として、2004年よりNPO法人セカンドハーベスト・ジャパンへの食品の提供を続けています。セカンドハーベスト・ジャパンは、まだ食べられるのに処分しなければならない食品を、食べ物に困っている人々へ届ける「フードバンク活動」を行うNPO法人です。
当社においても、包装状態や表示の理由等により販売できない商品が発生する場合があります。当社が、このような商品をセカンドハーベスト・ジャパンに提供することで、食品を受けとる方々に喜んでいただけるだけでなく、生産した食品を無駄にせず、廃棄物削減につなげることができます。

セカンドハーベスト・ジャパン ホームページ


災害時の食糧支援

当社が参加する消費財流通業界の企業による組織「日本TCGF」は、東日本大震災等の教訓を生かし、災害時のライフライン維持対策について検討を重ねてきました。この日本TCGFは、東京都における大規模災害発生時には迅速な物資支援を行なうという協定を、東京都と締結しています。当社は、日本TCGF参加企業として、災害発生時には他の参加企業と連携し必要とされる食品を円滑に提供できるよう、平時より備えています。

日本TCGFと東京都との災害時における物資支援協定について 詳しくはこちら 

地域の皆様とのコミュニケーション

当社では、地域社会の一員として地域の皆様とのコミュニケーションを大切に考え、コミュニケーションの機会となる取り組みを行なっています。そのひとつが、地域の小学校に出向いての「出張味噌づくり教室」です。この味噌づくり教室は、味噌ができるまでの説明や仕込み方を教えるだけでなく、食に興味を持ってもらい、地域の特産物である味噌の魅力を知ってもらえるような交流を目指しています。

ページトップへ