ニュースリリースNews Release

ニュースリリース

和食料理人が給食献立を考案!食育セミナーを開催

2017.01.10

ひかり味噌×和食給食応援団 こどもたちに味噌と和食の魅力を発信

ひかり味噌株式会社は、和食文化の継承に取り組む和食給食応援団(東京都中央区、合同会社五穀豊穣内)と協力し、2017年1月19日(木)に当社東京オフィスのある文京区の小学校にて、味噌と和食の魅力を発信する食育セミナーを開催いたします。

ひかり味噌×和食給食応援団

和食のユネスコ無形文化遺産への登録に加え、近年は味噌の輸出量が前年比1割以上増※1で推移するなど、海外における和食や味噌への関心が高まっています。一方、国内では味噌出荷量の減少、食の多様化による家庭内の和食離れが進み、和食や味噌を食する機会は年々少なくなっています。そのような背景を受け、日本の伝統食品である味噌を製造販売する当社は、世界で楽しまれている和食と味噌の魅力をあらためて日本のこどもたちに体験してもらい、日本の伝統的な食文化の継承をサポートしたいと考え、本セミナーを実施することにいたしました。

本セミナーでは、当社の女性味噌職人による大豆や麹などの原材料を用いた味噌セミナー、恵比寿の日本料理店「日本料理 雄」のオーナー兼料理長である佐藤雄一氏による和食セミナー、さらに佐藤氏の献立による和食給食の実食を行ない、こどもたちの五感に訴えながら和食と味噌の魅力を伝えます。

開催日翌日の1月20日は、1年でもっとも寒いとされる大寒にあたります。大寒の頃は空気中の雑菌が少なく、昔から味噌を仕込むのに適しているといわれています。当社ではこの時期に昔ながらの手法を用いた「寒仕込み」を行ない、長期熟成の天然醸造味噌を数量限定で製造しています。この特別な時期を味噌に親しんでいただく機会と捉え、イベントやセミナーの開催を通じ味噌の魅力を発信してまいります。

※1 財務省貿易統計より

食育セミナー開催概要
日時 2017年1月19日(木) 10:40~12:55
会場 文京区立明化小学校(住所:東京都文京区千石1丁目13-9)
アクセス 都営地下鉄三田線千石駅 A2出口より徒歩5分
スケジュール 10:40~12:15 ①ひかり味噌株式会社による味噌セミナー
②「日本料理 雄」佐藤氏による和食セミナー
12:15~12:55 ③味噌を使った和食給食の実食
※ 6年生2クラスにて開催。味噌の仕込みはございません。

和食給食応援団について

2014年3月、「和食」文化の継承に意欲をもった和食料理人と大手食品メーカーが農林水産省の元に集結し、設立。現在、全国64名の和食料理人と65社の企業が活動に参加している。和食料理人が全国各地の小中学校を訪問し、学校栄養職員と連携した和食給食献立の開発や出汁の取り方などの食育授業、和食給食の調理・提供を行っている。また、栄養教諭・学校栄養職員を対象とした調理実演会などで、給食に取り入れやすい和食献立を紹介。これらの活動を通じて、学校給食における和食の提供回数を増やし、こどもたちに和食の大切さを伝えている。

ひかり味噌 和食給食応援団 日本料理 雄 オーナー 料理長 佐藤雄一

「日本料理 雄」オーナー兼料理長 佐藤雄一氏プロフィール

1975年茨城県生まれ。高校卒業後、箱根「強羅花壇」にて日本料理の修業を始める。その後、都内の日本料理店で料理長を経験し、13年間修業の後、2006年10月に「日本料理 雄」を開店する。伝統を大切にし、日々進化する日本料理を探求して新しい形の日本料理作りに精進している。NHK「キッチンが走る!」「あさイチ」などに出演。