loading

無添加 円熟こうじみそ

毎日食べる味噌だから、体にやさしいもの、素材本来のおいしさを大切にしたい。
その想いを形にし、1993年の発売以来、変わらぬおいしさをお届けしています。

ロングセラーの理由

糀のうま味と味噌の豊かな香り
糀のうま味と味噌の豊かな香り
糀の持つ自然な甘みやしっかりとしたうま味を存分に楽しめる、まろやかな味わいと豊かな香りが特長です。
厳しく管理された農場で栽培された有機大豆、ふっくらとした食感と香りの良さが特長の国産米、自然の力をじっくりとつくられた天日塩を使用。素材の味を大切にしています。
食欲そそる鮮やかな色味
食欲そそる鮮やかな色味
食欲をそそる鮮やかな色味。味噌汁にすると温かみのある色合いが冴え、食欲が湧くとともにほっと心も和みます。原材料の特徴を見極め、24時間の管理体制で温度と湿度を調整しつつ、味とともに色味も仕上げています。
料理との相性が抜群
料理との相性が抜群
甘過ぎず、塩辛すぎず、バランスを考えた10割糀。大豆1に対して米1でつくる10割糀は、糀の存在感はありつつもやさしい味わいのため、食材の味を引き立て、料理全体の味をまとめます。ご家庭から一流の料理人の方まで幅広くご利用いただいています。

無添加味噌とは

自然の恵みからつくる味噌
加えなくてよいものは加えない
本来、食品添加物や保存料は必要のない味噌ですが、容器に充填した後に微生物の働きを抑えて容器の膨張を防ぐために酒精(アルコール)を添加します。また、料理の味を簡単に整えていただけるようだし調味料を添加したものもあります。無添加味噌は、酒精(アルコール)やだし調味料を一切使わずに、大豆・米・塩・水のみでつくりあげたもの。自然の恵みからつくる味噌だからこそ “加えなくてよいものは加えない”という考えのもと、味噌本来のおいしさを求めてつくったものが無添加味噌なのです。
保存方法
味噌の保存方法
陽のあたる所、温度や湿度の高い所には置かず、冷蔵庫や冷凍庫で保存します。カップ容器入りの場合は、味噌の表面にラップ材を密着させてからふたをし、空気が入らないように保存するのがおすすめです。カップ容器から味噌を取り出すときは乾いた、ヘラやスプーンなどを使用します。
琺瑯容器もおすすめです。表面がガラス質の琺瑯は、金属イオンを受けないため、味を変えずまろやかに熟成させます。また細菌が繁殖しにくく塩分に強いため味噌の保存にも適しています。

ページトップへ