期間限定2021年味噌ヌーボー 初熟(はつなり)

出来立ての味噌󠄀は、若々しく、
素材の味が生きています。
ひかり味噌󠄀最高級の原料を使用した
味噌󠄀の「初物」。
余計なものは加えず、
無添加・非加熱で仕上げました。

「初物」を味わう、
これまでになかった
新しい味噌󠄀

  • 二〇二一年一月、

    昨秋にとれたばかりの米と大豆を
    『大寒仕込み』という
    伝統的な手法で仕込む。

  • 二月、自然の力にまかせ、天然醸造。

    低温でゆっくり発酵し
    静かに春を待つ。

  • 四月、初夏の気配が漂い始めた頃、

    味噌󠄀を空気に触れさせる
    天地返しを実施。
    発酵を促し、熟成を重ねる。

  • 〜ひと夏越えて、秋。〜

  • 十月、味噌󠄀として熟れたところで、

    生きたままを蔵出し。

  • まだ大豆の味わいと、
    米の甘味が残る、
    若いフレッシュな風味が特徴。
    この時期だけしか味わえない。
    これが
    『二〇二一年味噌󠄀ヌーボー 初熟』。

二〇二一年一月、
 昨秋にとれたばかりの米と大豆を
 『大寒仕込み』という伝統的な手法で
 仕込む。
二月、自然の力にまかせ、天然醸造。
 低温でゆっくり発酵し静かに春を待つ。

四月、初夏の気配が漂い始めた頃、
 味噌󠄀を空気に触れさせる
 天地返しを実施。
 発酵を促し、熟成を重ねる。

〜ひと夏越えて、秋。〜

十月、味噌󠄀として熟れたところで、
 生きたままを蔵出し。
 まだ大豆の味わいと、米の甘味が残る、
 若いフレッシュな風味が特徴。
 この時期だけしか味わえない。
 これが『二〇二一年味噌󠄀ヌーボー 初熟』。

伝統的技法『大寒仕込み』とは・・・

味噌󠄀の「初物」とは?

味噌󠄀は、仕込んだ時点では大豆と塩の味がするだけ。時間をかけて発酵・熟成することで味噌󠄀としての風味が生まれます。味噌󠄀の「初物」とは、大寒に仕込んだ米と大豆が、味噌󠄀として仕上がってはいるもののまだ若い、フレッシュな状態の味噌󠄀を指します。長い年月熟成した芳醇な味噌󠄀とは異なる、この時期だけの「初物」をご堪能ください。

「初物」の味わい

発酵調味料の味噌󠄀は、酵母の働きによってその味わいは時間とともに変化します。「味噌󠄀ヌーボー 初熟」は、渋味や酸味がまだ少ない状態だからこそ、しっかりとした甘味とうま味が感じられます。大豆の風味がかすかに残り、甘くフルーティーな発酵香が漂う。今、この時期にしか味わうことのできない、味噌󠄀の「初物」ならではのおいしさです。

生きている味噌󠄀

菌が生きたままの状態の
味噌󠄀を出荷しています。
・発酵が進む前に、お早目にお召し上がりください。「初物」の最もおいしい時期に食べきることをお勧めしています。
・味噌󠄀に色々な変化がありますが、安心してお召し上がりください。
・変化を押さえるために、必ず冷蔵庫で保管してください。
  • 無添加の味噌󠄀です

    余計なものは加えず、米、大豆、塩だけで作った味噌󠄀を、酵母菌が生きた状態のままで蔵出し。味噌󠄀本来の味わいをお楽しみいただけます。

  • 蓋にバルブを
    着けています

    出荷後も発酵が続いているため、二酸化炭素を排出して容器の膨張を防ぐ、バルブ(脱気用弁)を着けています。

  • 隙間ができることが
    あります

    酵母菌が発酵することで、味噌󠄀に隙間が生じたり、膨らむことがあります。

  • 味噌󠄀たまりが
    できることがあります

    味噌󠄀からしみ出した液体、「味噌󠄀たまり」ができることがあります。味噌󠄀の旨味が詰まったエキスです。味噌󠄀に混ぜてお召し上がりください。

商品情報

【使用銘柄】
米:国産コシヒカリ
大豆:国産トヨハルカ
塩:国産海塩「海はいのち」
【麹割合】
12割麹

出来立て味噌󠄀のフレッシュな味わいと、フルーティーな香りが口の中に広がります。原料、製法、すべてにこだわったからできる、味噌󠄀の「初物」をお届けします。

おすすめの食べ方

<まずはそのままの味わいをご堪能ください>

味噌󠄀そのもののおいしさを味わっていただきたいから、
まずはおにぎりや旬の蒸し野菜にそのままつけてお召し上がりください。

  • 味噌󠄀おにぎり

    ①塩はつけずにごはんを握る。
    ②味噌󠄀を片面に薄くぬる。
    ※グリルなどで軽く焼くと香ばしく仕上がります。

  • 蒸し野菜の味噌󠄀添え

    ①お好みの野菜を切って蒸す。
    ②少量の味噌󠄀を野菜に添えて、お召し上がりください。
    ※秋は、さつまいもがおすすめです。
     さつまいもの甘味が味噌󠄀によく合います。

<もちろん味噌󠄀汁にしても>

味噌󠄀そのものにしっかり旨味があるので、出汁がなくても美味しく仕上がります。
秋ならきのこなど、季節の野菜を入れてお召し上がりください。

味噌󠄀汁

①鍋でお湯を沸かす。
②お好みの具材を切り、①に加える。
③具材に火が通ったら火をとめ、味噌󠄀を適量加え溶かす。
※風味がとばないよう、火をとめてから味噌󠄀を入れてください。

  • さつまいもねぎ

  • なめこえのき

このページをシェアする

ひかり味噌󠄀のご購入は公式サイトで

ページトップへ