海外事業

海外では、健康的な食生活への関心の高まりからヘルシーなイメージを持つ日本食が注目されています。その代表選手のひとつといえるのが、発酵食品である味噌です。いまや、現地のスーパーマーケット、日本食レストランで“MISO”を目にすることは当たり前となりました。単なる日本食ブームによる需要だけに留まらず、ライフスタイルに合わせて取り入れるアイテムへと“MISO”の存在は変化しています。味噌醸造に適した長野県でつくった当社の信州味噌は、海を渡り世界60か国以上にリーチ。国々の嗜好やライフスタイルにあわせた商品開発により、世界の健やかな食生活に貢献できるよう努めてまいります。

展示会で味噌の魅力とトレンドを発信

味噌の魅力をたくさんの方に知っていただきたいという思いから、食品やオーガニックをテーマとした展示会に積極的に出展し、海外のお客様とのコミュニケーションの機会を創出しています。五感に訴えるクッキングデモンストレーションにより、味噌の楽しみ方をご紹介。
また、現地のフードサービスにお役立ていただけるよう、日本の業務用フードサービスのノウハウや最新トレンドなどもご紹介しています。

現地の方の嗜好にあわせた商品開発、レシピ提案

日本では古くから日常食として親しまれている味噌。食文化の異なる海外では、味噌をはじめて目にする、使い方がわからない、味が想像できないという国が当たり前のように存在します。
味噌のおいしさを身近に感じていただくために、現地の食文化を学び、味や食べ方を体感。そのうえで、現地の方の嗜好にあわせた味やレシピをご提案しています。味噌ドレッシングやディップ、変わり種としては味噌を使ったカクテル…。さまざま食材や調味料との相性がよい味噌󠄀だからこその楽しみ方はグローバルに広がります。

トリプル オーガニック・有機認証

有機JAS USDAオーガニック EU認証

日本における有機認証制度が確立される前から20年以上にわたりオーガニック・有機味噌に取り組んでいます。味噌に馴染みのない海外の皆さまに味噌をより身近な食品として安心してお使いいただけるよう、日本のみならず米国やEUの有機認証も取得しています。

ハラール認証、KOSHER認証

世界のあらゆる人々に味噌料理を楽しんでいただきたいという思いから、2012年、味噌業界でいち早くハラール認証を取得しました。現在、世界で最も教徒の人口増加が速いとされているイスラム教。現在の傾向を継続すれば、2050年までに全世界におけるイスラム教人口は28億人に達するとされており、世界人口の30%に迫ると言われています。加えて、昨今はイスラム教徒を含む訪日外国人旅行者の増加に伴い、国内でもハラール食品を提供する飲食店などが増え、食品業界においてはハラール認証食品へのニーズはもちろん、種類の豊富さも求められています。取得に向けては、イスラム教の定めに従ったハラール製品専用の生産ラインを整備と、これまで積極的に進めてきた徹底的な食品安全に対する全社的な取り組みや社員教育体制の強化を行い、マレーシア政府ハラール認証機関(JAKIM) の承認を受けている日本のハラール認証機関(NPO法人日本ハラール協会)より認証を取得しました。このJAKIMによるハラール認証は世界的にも知名度が高いことからマレーシア以外のイスラム圏でも有効とされています。

ハラール認証取得の5年前には、ユダヤ教の戒律に従った安全な食品に与えられるコーシャ-認証を取得しています。旧約聖書に基づき、食べても良いもの、禁じられているもの、混食してはならないものなどを厳格に規定しています。認証取得の過程では、ユダヤ教の宗教指導者が、製造現場にて原材料や製造工程などの検査を行います。コーシャー認証は、その判断基準が細かく厳格がゆえに、品質の安全性が信頼できるとして、ユダヤ教徒の方々に限らず、米国等では一般の方の間でも安心安全な商品の証として認識されています。当社は、欧米諸国をはじめアジアやヨーロッパ地域の国々の食卓にも高品質の味噌をお届けできるよう、常に一歩先を見すえた取り組みを行っています。

ページトップへ