原材料へのこだわり

世界中から高品質な原材料を調達

よりおいしいものを提供するため、より良い素材を使用する。その強いこだわりから、当社では国内外を問わず、世界中から原材料の調達を行っています。生産者の声を聞き、実際に目で見て選定した良質な原材料の数々。原産国を問わず丁寧につくられた安心で、品質の確かなものだけが、ひかり味噌へ集まってきます。

放射性物質 検査体制

放射性物質汚染に対する不安を払拭し、国産原料の味噌を安心してお使いいただけるよう、当社では国産原料の放射性物質の自主検査体制を確立しております。

国産原料の新規契約

新規契約する国産原料は、東北の一部および関東・甲信越の14都県以外の産地の契約を優先しています。

原料の入荷基準

受入れ原料は、食品衛生法の規定に基づく食品中の放射性物質に関する基準値以下の農作物に限定しています。また、国産米については産地情報を入手、確認します。

原料受入れ時の自主検査

受入れ時に、受入れロットごとに簡易型放射線検知器を使用し放射性セシウムの自主検査を行っています。また、放射性ヨウ素については米・大豆ともに基準値はありませんが、測定・監視しています。

原料 核種 食品中の放射性物質に関する基準値
一般食品
国産米 セシウム-137 100 Bq/kg
ヨウ素-131 規定なし
国産大豆 セシウム-137 100 Bq/kg
ヨウ素-131 規定なし

暫定規制値を超えた原料について

当社の自主検査で基準値を超えたロットについては、一旦使用禁止措置とし、納品業者へ再検査を依頼します。その結果、再度基準値を超えた場合は受入れ拒否とし、返品します。

遺伝子組み換え大豆不使用

当社では、味噌の原料として、大きく分けて3種類の大豆を使用しています。

国産大豆
日本では、遺伝子組換え品種の大豆は栽培されていません。
有機大豆
当社で使用している有機大豆はすべて有機JAS認定の大豆です。
JAS規格では、遺伝子組換え原料を禁止しています。
アメリカ、カナダなどの味噌用輸入大豆
この大豆については、遺伝子組換え大豆の混入を防ぐため、特に厳しい管理を行っています。

品種指定

広範囲から大豆サンプルを収集、評価をおこない、味噌造りに適した遺伝子組換えでない品種を指定して栽培しています。 さらに、種子開発メーカーともタイアップした新品種導入にも取り組んでいます。

サプライヤー選定

集荷・選別工場は遺伝子組換えでない食品用大豆だけを扱う工場に限定、当社が現地確認を行うなど、厳しい基準でサプライヤー選定をおこなっています。

直送体制

遺伝子組換えでない農作物の管理方法として、一般的にIPハンドリング(分別生産流通管理)システムがあります。IPハンドリングシステムとは、海外の農場から日本の食品製造業者まで生産流通の各段階で混入が起こらないように管理し、その証拠として、証明書を添付する方法です。しかし、このIPハンドリングを行った場合でも、流通段階における“意図せざる混入”がないと言い切れません。そこで、当社では、契約農場で収穫された大豆を集荷・選別工場でコンテナに積み込み、そのコンテナのまま飯島グリーン工場に受け入れる直送体制を採用しています。この場合でも、種子証明書、生産者/供給業者証明書、コンテナ輸送証明、流通経路説明書といった書類の添付を義務づけています。

収穫期(カナダ オンタリオ州)

収穫(アメリカ アイオワ州)

集荷選別工場サイロ

コンテナ受入れ

遺伝子組換え食品の表示義務化について

遺伝子組換え食品とは、除草剤耐性、害虫抵抗性などの特性を持つ遺伝子を組み込んだ農作物とそれを原料にした加工品のことをいいます。
遺伝子組換え技術の実用化により、農作業の省力化や単位面積当たりの収穫量アップが可能となる一方、これらを使用した食品の人体や環境への影響が懸念されています。
このような背景から、農林水産省は、2001年4月より遺伝子組換え食品に表示を義務づけることとしました。
対象となる加工品は、大豆、とうもろこし、ばれいしょ等を原材料とした32品目で、味噌もこの中に含まれています。

ページトップへ