味噌屋のマスターブレンド

ブランドコンセプト

味噌との新しい出会いを

冷蔵庫にある「いつもの味噌」
味噌汁だけに使っていませんか?

味噌はコーヒーのように
ブレンドや他の素材との組み合わせで
いく通りもの香りや味わいを楽しむことができる
奥が深くて万能な食材です。

洋野菜やチーズ、フルーツやハーブとの
相性も抜群で、和食はもちろんのこと
様々な料理につかうことができます。

「味噌屋のマスターブレンド」では
そんな味噌と料理の新しい出会いを
気軽に楽しんでいだけるレシピとともに
お届けします。

新しい味噌との出会いを

商品ラインナップ

白のとん汁みそ 赤のとん汁みそ

味噌の味づくりに熟知した味噌屋がとん汁のために特別にブレンドした”とん汁用みそ”です。
ご自宅にある豚肉や野菜にとん汁みそを加えるだけで簡単に本格的なとん汁がお楽しみいただけます。

白のとん汁みそ 麦みそ 使ったのは、麦みそ
麦みそ

麦みその特徴

大豆に麦麹を加えてつくったもの。
九州、四国、中国地方が主な産地です。

麦みそに米みそを合わせ甘さとコクのある
風味豊かな味わいに仕上げました。
おすすめ具材 豚ひき肉、里芋、れんこん、長ねぎ、しめじ、しいたけ
詳細情報はこちら 楽天でのご購入はこちら
赤のとん汁みそ 豆みそ 使ったのは、豆みそ
豆みそ

豆みその特徴

大豆のみを主原料としたもの。
中京地方(愛知、三重、岐阜)が主な産地です。

豆みそに米みそを合わせ
濃厚で旨味のある大人の味わいに仕上げました。
おすすめ具材 豚バラ肉、にんじん、大根、ごぼう
詳細情報はこちら 楽天でのご購入はこちら

つくりかた

  • 1

    とん汁の作り方1

    材料の目安です。1袋で汁椀約2杯分のとん汁がつくれます。水分量や煮込み時間は、お使いの具やお好みに合わせて調節してください。

  • 2

    とん汁の作り方2

    鍋に油(分量外)をひき、豚肉、野菜を炒める。

  • 3

    とん汁の作り方3

    水を加え(本品1袋に対し300ml)、沸騰したら中火にし、5分ほど煮て具に火を通す。

  • 4

    とん汁の作り方4

    本品を加え、ふつふつとしてきたら火をとめる。
    これで完成。

おいしく
楽しむ
ポイント

  • とん汁をおいしく楽しむポイント1

    油で炒める

    最初に豚肉と野菜を油で炒めることで香ばしく仕上がります。煮る時間も短縮できます。

  • とん汁をおいしく楽しむポイント2

    すきな野菜で楽しむ

    大根やごぼう以外にも、とん汁と相性が良い野菜はたくさんあります。パプリカやキャベツなどお好みの野菜でお楽しみください。

  • とん汁をおいしく楽しむポイント3

    色々なお肉で楽しむ

    意外とおいしいのが「ひき肉」。甘味とコクが出て、味わい深くなります。赤のとん汁味噌には「スペアリブ」もおすすめですよ。

ページトップへ